チバビジョン 市場シェア

遠近両用コンタクトの国内有名メーカー チバビジョン

2008年度調査によれば、コンタクトレンズメーカーの国内シェア11%で、第3位のチバビジョンは、遠近両用コンタクトのシェアが多いことで知られます。 遠近両用コンタクトの世界的なメーカーはボシュロム社が最大シェアを誇っていますが、国内ではチバビジョンが有名です。 スイスに本社がある親会社が、経営多角化のために、日本に会社を作ったのがチバビジョンです。 遠近両用コンタクトや使い捨てコンタクトを主に手がけており、特に遠近両用レンズの使い捨てタイプを得意としています。 また、2週間使い捨てレンズのO2オプティクスは海外仕様ですが、日本版O2オプティクスは昼夜装着タイプで、新素材のシリコンハイドロゲルがこれまでのレンズの5倍という酸素通過率のため、乾燥が少なく、つけている間ずっと快適に過ごせます。 汚れの原因となるタンパク質がつきにくく、2週間毎の交換で清潔を保てます。 ユーザーの口コミ情報では、使い捨てでも目が乾燥しにくいと評価を得ています。

Copyright © コンタクトレンズメーカーの市場シェア All rights reserved